このエントリーをはてなブックマークに追加

胃がんの初期症状は勘違いしやすい!

日本人に非常に多いがんそれは「胃がん」です。
「肺がん」の次に多いがんなのです。
そして、初期症状がほとんどないことがわかっています。
しかし、「食欲不振」「ゲップがよくでる」「胃の不快感がある「こういった症状が良くある人は疑う必要があるかもしれません。
ですが、胃炎や胃潰瘍などの症状と同じなので、なかなか病院に行く方も少ないでしょう。
こういったことから、初期の段階での発見は遅くなり、わかった時には胃を切除しなくてはいけない場合もあるのです。
そして、さらに進行してくると症状ははっきりと出てきます。
「衰弱してくる」「お腹が張ってくる」「血を吐く」「便に血が混じる」など体に変化がでてきます。
「胃がん」には、胃の粘膜や胃の粘膜下の溜まっている状態を、初期の段階であることから「早期胃がん」と言われています。
胃がんの進行はゆっくりと言われていますが、胃のどの辺りまで進行しているかによって治療が困難になってくるようです。
そして、進行を続けがんが筋肉までたっしてしまった状態を「進行胃がん」と言います。
進行がんになると、悪性化しているので増殖スピードが速くなっていきます。
そうなると、リンパ節への転移も考えられます。
胃がんで最も恐いのが「スキルス胃がん」です。
これは、悪性度の高いがんで専門医でも、なかなか診断が難しいとされています。
恐ろしいがんですので、もしがんになっていても早期発見ということが一番です。
タバコを吸う人は、吸わない人の2倍胃がんになりやすいと言われています。
定期的に検診することが大切なのです。

最近の急上昇ワード症状は、役立つこのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.