このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪に似た症状

風邪と間違えやすい病気を紹介します。
ただの風邪だと思って安心してはいけない…ということもあるかもしれません。
数週間も咳が続く場合は、次の病気が考えられます。
「マイコプラズマ肺炎」と「百日咳」の疑いがあります。
「マイコプラズマ肺炎」とは、本来は多くの人の咽頭に生息しているのですが、体力の低下など衰えた時に風邪の様な症状がおこります。
「百日咳」は、赤ちゃんや幼児がかかるというイメージがありますが、最近では大人にも増えているようです。
特徴としては、咳の後に「ヒュー」という笛の様な呼吸がみられます。
小児や高齢者がかかると、死亡することもある怖い病気です。
そして、だいたい秋〜冬にかけて流行りだす「ノロウイルス」もあります。
この病気も赤ちゃんや幼児、高齢者などに流行ることが多いのです。
発熱、吐き気や嘔吐、腹痛・下痢など風邪の様な症状を起こします。
そして水のような下痢がやく1週間ちかく続きます。
ただの風邪と違うのは、便などから感染していくということ。
おむつをしている赤ちゃんなど、外出先で施設内のベビールームでおむつ交換をすると思いますが、そういった所でも感染する可能性もあるということです。
その他、アレルギー性鼻炎と風邪の区別は難しい。
風邪の初期症状「鼻水」「鼻づまり」「くしゃみ」が同じだからです。
しかし、風邪の場合は1週間程で良くなってきますが、アレルギー性鼻炎の場合は、抗原のある間は症状が続きます。
風邪だと思って、薬局で購入した薬を飲んでいても、病気が違えば症状は治まってきません。
長く続くようでしたら、病院にいくことをおすすめします。
Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.