このエントリーをはてなブックマークに追加

マンモグラフィー検診について

皆さんご存じでしたか?
日本は、先進国の中でもとても乳がん検診の受診率が低いのです。
アメリカやイギリスでは、マンモグラフィー検診の普及により死亡率が減少している一方、日本は増加傾向なのです。
30代〜60代の女性のがん種類別の調査で「胃がん」「肺がん」を上回り第一位は「乳がん」なのです。
乳がんは、閉経前の人と閉経後の人では、閉経後の人が増えてきているようです。
ですから年齢として40代後半〜50代前半がピークだと言われており、高齢になってからの乳がんが多いのです。
乳がんが増加傾向にあるのは、食生活の欧米化が関係しているといわれています。
動物性たんぱく質の摂取しすぎということです。
(乳がんだけでなく他の病気にも繋がります)こういった生活が続く限り、乳がんの人口は増え続けるのではないでしょうか。
以外ですが、男性にも乳腺組織があり、乳がんになるのです。
こくわずかですが、乳がんで死亡している男性の方もいらっしゃいます。
マンモグラフィーでの検診は痛いという人が多いのです。
上下・左右から圧迫版で乳房をはさみ、薄く引き延ばしてX線撮影します。
こうすることによって、触診ではわからないくらい小さい乳がん・腫瘍も初期症状で見つけることができるのです。
ですから、痛くても、病気を発見できる大切な検診なのです。
自分でも触って探すこともできますが、できれば、最低2年に1度、であれば1年に1度検診を受けてほしいですね。
Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.