このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤投与について

がんになって行なう治療には、色々あると思うが、「抗がん剤治療」もその中のひとつです。
抗がん剤というと、副作用がとてもきつそう…そういうイメージがあります。
確かに、吐き気・口内炎・下痢・脱毛などあります。
吐き気というのは、もっともつらい副作用です。
すべての抗がん剤に吐き気や嘔吐が起こるわけではないのですが、治療を続けられるかどうかの判断に繋がるでしょう。
免疫力の低下によって、口内炎などができるとなかなか完治しないということ。
吐き気のために食欲が低下し、便秘しやすくなったり、逆に下痢になることもあるようです。
抗がん剤は、分裂が盛んは細胞を死滅させるのですが、毛母細胞も、その段階で攻撃を受け、脱毛がおこるようです。
女性にはとてもつらいことです。
しかし、最近では副作用の症状を抑えてくれる薬も出ていて、吐き気などの予防ができるようになってきたようです。
近年では、新しい抗がん剤や制吐剤の開発が進み、組み合わせや投与の方法も工夫され、副作用のコントロールがしやすくなり、副作用による吐き気のケアをしなくても良いことから入院する必要がなくなり、通院で治療ができるようになってきたようです。
その方法とは、例えば1ヶ月に必要な投与の量を1回ではなく、数回に分けて患者に投与していくので、副作用が軽減されるという治療内容のようです。
抗がん剤の副作用がつらく止めたいが、投与しないと病気が進行してします…というつらい日々が改善されるかもしれません。
日々の医療の進化に期待したいものです。

最近の急上昇ワード症状は、役立つこのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.