このエントリーをはてなブックマークに追加

沈黙の臓器

「肝臓がん」この病気は、発見時はすでに末期という可能性が多い病気です。
ほとんど自覚症状が無いのです。
肝臓は、とても働き者で予備力が高く、病気になっても症状が出にくいことから「沈黙の臓器」とも言われています。
肝臓がんには、肝細胞からできる原発性肝がんと、他の臓器にできたがんが転移してくる転移性肝がんとありますが、だいたいの方が原発性肝がんのようです。
肝臓がんの場合、肝硬変を経て起こるようです。
ですから、肝硬変にならないことが重要です。
肝硬変の原因として、アルコール性によるもの、B型肝炎ウィルスとC型肝炎ウィルスによるものです。
その中でも、C型肝炎ウィルスによる肝硬変は、全体の半数以上を占めているようです。
肝硬変になると、肝細胞の壊死が進行し、肝臓が硬くなり肝臓本来の機能が低下してしまうようです。
そうなると、血液の流れが悪くなり、貧血になることも…初期の段階では、なかなか症状は出にくいのですが、進行してくると、右上腹部に圧迫感を感じるようになったり、食欲不振になったり、疲れやすかったり、微熱がつづく、腹痛、腹部膨張、黄疸がでてくるなど症状があります。
さらに進行すると吐血などの症状もでてきます。
そうなる前に、定期検診を行なってください。
決して痛い検査ではありません。
例えばB型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルスの感染を調べる為の血液検査や、腫瘍マーカー、超音波検査、MRIなどいろいろあります。
年齢と共に、いろんな病気が見つかることもあります。
健康の為に検診は必要ですね。

最近の急上昇ワード症状は、役立つこのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.