このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮がんの症状

女性特有の病気「子宮がん」は、自覚症状があまりないようです。
ですから、発見が難しいとも言われています。
そして、進行が遅いがんでもあるようです。
がんの中でも、子宮がんは比較的治りやすいと言われているようでうす。
だからといって放っておいても大丈夫という訳ではないですよね?
あくまでも早期発見が大切です。
子宮がんの種類にも、子宮頸がんと子宮体がんとあります。
そのうち8割近い方が子宮頸がんのようです。
子宮頸がんも子宮体がんも膣や骨盤に広がり、リンパ節から全身に転移したり、側にある臓器に浸潤する可能性があるようです。
こうなる前に、初期の段階で気づけないのでしょうか。
子宮体がんの症状の1つとして、月経以外の不正出血かあるようです。
子宮頸がんは、性交時に不正出血しやすくなるようです。
他には「おりもの」です。
色や匂いがおかしいと思ったら、念のため産婦人科で診てもうほうかいいでしょう。
中には、産婦人科に行くことが恥ずかしいと抵抗がある人もいると思いますが、不安を抱えたまま生活するのはつらいのではないですか?
友人に相談することも、なかなかできないことだと思います。
最近では、20代〜30代の女性に増えているようですので、「自分は大丈夫」などと過信は危険です。
予防策として、喫煙しない、食生活も脂肪分の多いものは抑えること、飲酒のし過ぎにも注意が必要です。
そして何より大切なことは、年に1度でも定期検診を行なってください。

最近の急上昇ワード症状は、役立つこのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.