このエントリーをはてなブックマークに追加

肺がんのリスク

タバコを吸い人に知っていてほしい病気「肺がん」。
タバコを吸う人は、吸わない人の約5倍も肺がんのリスクが高いようです。
そして、喫煙を始めた年齢が若い人、一日に喫煙本数が多い人が更に確立は高くなります。
年々、減少するどころか増加傾向にあるようです。
「肺がん」の初期症状もわからないと言われています。
「肺がん」には、大きく分類して肺門型と肺野型に分けられ症状も違います。
肺門型の場合は、気管支に近い部分にできるがんですので、咳や痰、喘息の様な呼吸など風邪の様な症状がみられるようです。
それに対し、肺野型は、ほとんどと言っていいほど症状がありません。
他の臓器に転移して発見されることも珍しくないようです。
肺がんの生存率は、患者さんの年齢や進行状態にもよって違います。
1期〜4期のステージ別で分けられていますが、これは大きさや転移の状態・場所によって分類されているようです。
1期ですと、リンパ節への転移が無い場合5年生存率は50%〜70%、10年生存率は約90%のようです(がんの大きさが1cm以下で切除した場合は100%治るようです)2期では、5年生存率が30%〜50%になります。
3期では、がんを切除できなかった場合は2年生存率が30%〜40%です。
4期は、化学療法を行なった場合は、1年生存率が30%〜40%になるようです。
肺がんの早期発見は、通常のX線検査だけでは難しいようです。
もしも、自分に咳や痰などの症状が長期にわたりある場合は、CTやかくたん細胞の病理検査も受けることをおすすめします。

最近の急上昇ワード症状は、役立つこのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2017女性の病気の症状と治療について.All rights reserved.